日本のモノづくりを支える

高精度 亜鉛ダイカスト

1/4

世界中の企業・人と知り合い
いい人・いい製品を作り
関わる全ての人の夢の実現を目指します。

金型に溶融したアルミ合金や亜鉛合金を高圧で注入し、素早く凝固させて製造する工法のことです。

ダイカスト製品は寸法精度が極めて高く、強度に優れています。

また外観も美しく機械加工(後加工)が少なく済むという点で自動車部品などに多く用いられています。

マジメなモノづくり

弊社では、長年に渡って培ってきた技術力で、大物から超高精密小型部品までの幅広い製品の生産が可能です。

難易度の高いさまざまな 高精密形状を鋳造のみで作り出せるのが大きな強みになります。

他社様でお断りするような製品も、長年の経験を活か し、挑戦して行くのが弊社の持ち味であり、全国各地、各業種のお客様 から当社を選んでいただいている理由です。

伝統の技

各種認定書の画像

弊社の主な機械設備は、ダイカストマシンが8台

そのマシ ンは最大100tから50t、25t、そして最少は 5tと、お客様のニーズにきめ細かく応えて幅広い対応が可能です。

充実のマシン設備

当社に設置のマシンの画像

長年培ってきた先代よりの技術の継承が済んでいるため、その承継した技術財産を元に、金型設計の段階からクオリティの高い製品開発が可能です。

しかも、後加工をできるだけ減らす工夫も随所に施し、お客様が本当に望んでいる製品開発に注力し 成し遂げてきました。

その企業姿勢については、弊社は日本一だと自負を持っております。

東は関東地方から、西は宮崎まで高度な技術を持っている協力業者が多々あり、平均年齢30代の弊社の若い鋳造スタッフと連携しお客様のご要望に全力で応えています。

若い職人集団

工場内風景

〒579-8013 

大阪府東大阪市西石切町6丁目3-39

TEL  072-984-2575

FAX  072-981-5036

EMAIL  hatadc@hct.zaq.ne.jp

畑ダイカスト工業株式会社